とみんの寝言

私はロシア人妻を持ち東京に住んでいる名も無きプログラマです。

12月22日:今日は勉強だけだった。

leave a comment »

今日は朝起きて、年末に向けての掃除をした後、亀戸にある図書館に行って大学の勉強をしていました。
隣に、アジア系の外国人のカップルが勉強していて、女性のほうは時々鼻をホジホジしていたところが面白かったです。

勉強中に余計なことばかり考えてしまってすすめられたのが、情報職業論とソフトウェア開発技術論の2科目だけでちょっとこのままだと試験までに追いつけないかも。今日はこれから寝て、明日朝から図書館で勉強しようと思います。

Written by バナナキング

2013年12月23日 at 2:18 AM

カテゴリー: 日記

Tagged with

大学での履修内容を考える

leave a comment »

ACSで申請する上でSOLに載っている技術である必要があるとのことなので調べてみた。

すると私に一致しそうなものが2013年3月時点で

だとおもう。

スキルレベル欄には
This occupation has a level of skill commensurate with a bachelor degree or higher qualification. At least five years of relevant experience may substitute for the formal qualification.
とあるので
学士号以上のスキルが必要か関係する実務経験を最低5年以上持たないといけないとある。

それを踏まえると、大学で履修する内容も考えないと。

翻訳や解釈が違っていたら指摘してください!

Written by バナナキング

2013年3月20日 at 12:09 PM

ACSの査定 – 学位について

leave a comment »

ACSの申請者の為の技術査定ガイドラインの大学で得られる資格についてを眺めていました。

査定の上で学位は重要ですが、
日本の大学を卒業して得られる学位=オーストラリアの大学を卒業して得られる学位
とはならず、大学の学位について査定が入るみたいです。

そのガイドラインによると

  • SeoulAccordに署名している技術評価機関に認められた大学の学部
  • AEI-NOOSRの国家教育プロファイル(CEP)の一覧に載っている大学

で授与された学位がオーストラリアの同等の学位と認められるそうです。

SeoulAccordに署名している日本の機関はJABEEがあり、リンク先にはJABEEが認定した教育プログラムの一覧があります。
残念ながら北海道情報大学はそこに載っていませんでした。

ただ、AEI-NOOSRのCEPには載っているような事がここで書いてあったので絶望視はしていませんが・・・。

CEPの一覧ですが、実は45AUで買うことが出来ます。
ここのページで左上の画面にあるALLPROFILESをクリックすると日本を選択出来る画面があり日本をクリックすると購入の画面に遷移できます。
もし購入した人がいたら私が入学する北海道情報大学が載っているか教えて頂けると嬉しいです。

 

Written by バナナキング

2013年3月16日 at 10:48 PM

ACSの技術査定

leave a comment »

ACSはSkilledOccupationListsいわゆるオーストラリアが必要としている職業をはじめとした移民目的の人たちの技術を査定する為に、オーストラリア移民大臣から権限を与えられているとガイドラインに書いてあった。

また、査定する上で、SOLに記載されている職業にANZSCOといわれるコードが割り当てられており、そのコードを基本に評価されるともあるので、査定されるために提出する内容とコードが関係している必要があるみたい。

また、査定の基準は次の3つに分類される。
GroupA:学士またはメジャーなICTやICT技術従業員より上の為のもの
GroupB:高校卒業またはマイナーなICTのためのもの
GroupC:熟練雇用免除?

また、以下のベンダー資格を持つものはマイナーICTと同じ扱いになる。

Microsoft Certification
  • Microsoft Certified Systems Engineer
  • Microsoft Certified Solution Developer
  • Microsoft Certified Professional Developer
  • Microsoft Certified IT Professional from 2007.
  • Microsoft Certified Technology Specialist from August 2009.
Novell Certification
  • Certified Lotus Professional or Certified Novell Engineer from 1997.
  • Certified Directory Engineer from Novell
  • Master Certified Novell Engineer
  • Certified Novell Instructor
Cisco Professional:

  • Cisco Certified Network Professional (CCNP)
  • Cisco Certified Design Professional (CCDP)
  • Cisco Certified Voice Professional (CCVP)
  • Cisco Certified Security Professional (CCSP)
  • Cisco Certified Internetwork Professional (CCIP)

Cisco Expert:

  • Cisco Certified Internetworking Expert (CCIE)
  • Cisco Certified Design Expert (CCDE)
  • Cisco Architect:
  • Cisco Certified Architect

ACSが提供している技術査定の為のガイドラインによると項目8に
For assessment purposes all qualifications held by an applicant will be considered.
とあるので、査定をする上で、申請者が保有する全ての資格が考慮されるみたい。

“Recognized degree” means a degree normally awarded by a foreign educational institution, after success ful completion of a program of study in ICT
と書いてあるのでACSで認められる学位というのは以下のどれかが完了したIT系の学業が完了した後に与えられる学位。

  • SeoulAccordに署名した教育機関
  • ACSまたはSeoulAccordの認定学位に相当するものとしてACSが評価したもの。

上記以外の学位は
the ACS will use the current Australian Education International-National Office of Overseas Skills Recognition AEI-NOOSR Country Education Profiles (CEP) to establish the educational level of the qualifications held by the applicant.
とあるので、
申請者にふさわしい教育レベルとしてAEI・AEI-NOOSRを使うのかな?

Written by バナナキング

2013年3月10日 at 12:21 AM

オーストラリアへ移住する為に制度を知る。

leave a comment »

移住する人がオーストラリアにとって、有益な人かどうかを判断するためにスキルセレクトという制度が出来ました。
リンク:http://www.immi.gov.au/skills/skillselect/

オーストラリアでの永住に関係しているVISAは主に

  1. ビジネス起業・投資VISA
  2. 技術独立永住VISA
  3. 雇用主推薦永住VISA

の3種類に分類することが出来、その中で私に可能性があるものを絞り込んでいくと

  • 雇用主推薦スキーム(サブクラス 186)ビザ
  • 地方後援移民スキーム(サブクラス 187)ビザ
  • 熟練独立(サブクラス 189)ビザ
  • 熟練した – 推薦された(サブクラス 190)ビザ

の4種類に絞りこまれました。

また、移民希望者はいきなりVISAを申請するのではなく、まずスキルセレクトのExpression Of interest(EOI)を提出し、オーストラリアに有益だと認められ初めてvisa申請する事が出来るみたいです。

Written by バナナキング

2013年3月9日 at 9:00 PM

大学に行こうと思う。

leave a comment »

久々の更新です。

北海道情報大学に入学願書を送付しました。

目的は、学士の学位と大学卒業の証明書がオーストラリアの独立技術visaの審査に影響する為です。
私はコンピュータ系の専門学校を卒業しているので3年次編入を希望しましたが卒業までの最短は2年だそうです。

これからの数年はとても短く感じそう。

Written by バナナキング

2013年3月8日 at 12:03 AM

Firefoxのアドレスバーを高速検索boxにするアドオン。FireSearchBar!!

with one comment

どうもこんばんわ。バナナです。

FirefoxのアドレスバーをGoogleChromeのアドレスバーみたいに検索バーとして使ったことありますか?
そして、その時の検索結果の表示の遅さを感じたことはないですか?

私はあります。特に1語(1キーワード)を検索する時の遅さといったら我慢できません。
それなら検索バーを使ったらと思うかもしれませんが、頑固な私はGoogleChromeのようにスマートなレイアウトがほしいとダダをこねます。
Firefoxのアドオンを探して見ても見つからず、好奇心旺盛な僕は作ってみました。

そもそもなぜFirefoxのアドレスバーを検索バーとして使って検索する時、あんなに遅いのでしょうか。
調べてみると、1語のキーワードを検索する時に、FirefoxはそのキーワードをURLと見なしてドメインを
正引き(ドメインからIPを検索)しようとします。
しかし入力したのはただの検索文字なので正引きすることは出来ずタイムアウトを起こします。
そのタイムアウトが発生した後に、最後の手段としてGoogleに検索文字として検索をかけにいくようになっている為だとわかりました。
つまりただの「タイムアウト待ち」が理由で検索結果が表示されるのが遅いわけです。

このFireSearchBarは、アドレスバーでキーワードを入力され検索した時に、そのキーワードが「URL」なのか「ただの検索文字」かを判別し、
適切な処理を行うためタイムアウト待ちを発生させません。

通常だとアドレスバーから検索した時には、検索結果が表示されるまでに4~7秒かかりますが、
このアドオンを使うことで1~3秒ほどで検索結果が返ってきます。

同じ悩みを抱える方!ぜひダウンロードして使って下さい。
ダウンロード先:https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/firesearchbar/?src=search

 

余談ですが、アドオンのアイコンは「シャチが燃えています。」
つまり、「シャチ ファイヤー」
「ファイヤー シャチ」
「ファイヤー シャーチ」
「ファイヤー サーチ」
ですw

苦情は許しません^^

Written by バナナキング

2012年5月19日 at 11:19 PM

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。